企業内保育を活用する|安心安全な子守のサービス

保育士

増えている問題

企業内保育の今後の動向

保育

働く女性の増加に伴い一般の保育所は増加していますが、そこに入れない待機児童も増加しており社会問題となっています。一方、政府は女性の社会進出のために様々な政策を実施しており、企業などもそれに応じるようになっています。そしてその一つが企業内保育所です。 企業内保育所はそこで働く従業員の福利厚生の一環として子弟を労働時間中に預かり保育するというものです。多くは保育スペースと保育士を会社内に確保し、そこで従業員の就労中に子どもたちを保育しています。 従業員は送り迎えの時間が短縮できる、希望すればいつでも入所できる、休み時間などの空いた時間に子どもの世話ができるというようなメリットがあり、企業内保育を実施する大手企業は多いです。従業員が安心して働けることで、企業は大きく成長できることから、今後、企業内保育所は増加すると考えられています。

女性の社会進出と企業内保育

女性の社会進出と活躍を促進するために増えているのが企業内保育です。 企業内保育というのは、その企業に勤務する女性向けの保育園であり、子どもと一緒に通勤して帰宅し、休憩時には食事を共にすることができる企業内保育が増えていることから、女性が働きやすい環境が整いつつあります。 大企業であればあるほど企業内保育を採用するところが増えており、女性のみならずシングルファーザーや何らかの事情によって育児に積極的に関与する必要がある男性にとっても総じて評価が高い精度です。同じ敷地内で勤務することができるので、いざというときにもすぐに対応することができます。子供の体調が割るときにもすぐに駆けつけることができるようになっています。