企業内保育を活用する|安心安全な子守のサービス

保育士

計算がしやすい

企業内保育料っていくらかかるの?

保育

企業内保育は、企業の労働者の不足のため、育児休職明けの方が再び働きやすいようにと作られました。 普通の保育園と企業内保育との一番の違いは、保育料が一律という点です。普通の保育園では、給料によって保育料が変動します。企業内保育では一輪のため、将来設計がしやすいですね。こちらも場所によってはですが、保育料の一部を企業が負担してくれるところもあります。そのくらい、企業は労働者不足に悩んでいます。 また企業内保育施設は、朝早くから夜遅くまで開園しています。場所によっては、夜間保育をしているところもあり、夜勤も可能です。企業内保育施設は勤務先、または近くにあるため時間短縮にも繋がります。 普通の保育園より人数が少なく、子どもひとりひとりをしっかり見てもらえる点も嬉しいですね。

企業内保育の重要性

企業内保育とは言葉の通り企業の内部または近辺に保育所をもうけることです。 特に女性社員が力を発揮している企業の場合は出産と同時に仕事を辞めてしまわれるのは痛手になりかねません。企業内保育を実施することで、安心して職場復帰が出来るということであれば安心して結婚出産をすることができますし、社風の向上にも繋がりますから、新しく人材を雇う場合にもよりよい多くの人が応募してくれる可能性も高くなります。 もちろん企業内保育は設備にもコストはかかるはずですが、女性がずっと働き続けられるということは良い人材の確保にも繋がるので企業にとって大変な戦力で居続けてくれることは間違いないでしょう。企業内保育を実施しようとしているところや実施している企業は近年増えてきています。