歯医者の治療で最も多い虫歯とは?治療&予防の仕方について

歯医者嫌いは損!虫歯は静かに進行する厄介者

歯を失う原因ナンバーワン

歯を失う原因に挙げられるのは歯周病と虫歯です。しかし、適切な治療とケアで歯を失わずに済みます。

虫歯治療を徹底解説!

歯

C1の虫歯

比較的小さい虫歯なので、菌に侵された部分を削って取り除き、金属や樹脂で蓋をして完了です。対策法は、正しいブラッシング法を身に付けて、ケアをすることです。この時に使う歯磨き粉は、フッ素入りがいいでしょう。

C2の虫歯

この時すでに象牙質まで進行していますので、痛みが出ている状態です。冷たいものを口に含むとキリきりとしみるのが特徴です。治療は、虫歯を削り取り、詰め物を綺麗にはめるために形を整えます。その後接着剤を使って詰め物を固定します。

C3の虫歯

虫歯は神経まで進行しており、痛みもかなり強くなります。以前虫歯治療で神経を取っている場合や、神経がすでに死んでいる状態も同様に、我慢できないほどの痛みが襲います。この場合は、完全に虫歯の部分を取り除き、土台を入れて被せ物をします。ここまではC2の虫歯治療と同じでしょう。

C4の虫歯

完全に虫歯が進行している状況なので根しか残っていません。ひどく腫れて、喋るのもやっとでしょう。治療の余地はないので、抜歯をして入れ歯、ブリッジ、インプラントの治療を行ないます。

歯医者の治療で最も多い虫歯とは?治療&予防の仕方について

歯型

詰め物の種類について

保険治療の場合は一般的に、金属や樹脂で埋めます。ただ金属だと口を開けた時に目立つので、自費で白い詰め物にする患者さんもいます。セラミックなので、見た目は自然な歯と見分けがつきません。

治療

抜歯は必ず必要?

近年は、抜かずに治療をモットーとする歯医者が増えているのが現状です。これには、歯根を矯正技術で歯茎の下から引っ張り出す治療法、歯冠延長術といった方法が徐々に浸透したためでしょう。この治療法を取り入れている歯医者は少ないものの、歯の治療に一筋の光を与えてくれています。

治療器具

正しいブラッシング法について

一か所大体20回磨けば、歯の表面についた汚れを除去できるそうです。また、毛先を歯の面に当てて小刻みに動かすことを意識するのがポイントです。でこぼこ歯の場合は、一本一本ブラシを当てて磨くことが重要です。歯並びに沿って毛先を動かすと、綺麗に汚れを除去できます。

口元

最もプラークが付着しやすい部分とは?

特に歯と歯の間や、歯肉の境目はプラークがつきやすい部分といえます。歯ブラシの毛先を歯の隙間に届ける気持ちで磨けば、上手に除去できるでしょう。

歯磨きを習慣にしよう

食事をした後は、細菌は糖分を利用して酸を作り出します。これによりカルシウムやリンといったミネラルが溶けていきます。中性の状態に戻るには、約30分くらいはかかるため一日3回欠かさず磨くことが歯を健康に保つポイントです。

広告募集中